組織の概要・委員

HOME組織の概要・委員

組織の概要・委員

ご挨拶

この度、埼玉県合同輸血療法委員会はメンバーの交代、新しい部会の設置などがありウェブサイトを更新することになりました。
埼玉県合同輸血療法委員会は、平成17年に厚生労働省から発出された通知に基づき、埼玉県、血液センター及び医療機関の代表者によって平成21年に設置された委員会です。
設置の目的は、埼玉県において「安全かつ適正な輸血療法」を推進することにあります。そのため、平成22年に「輸血業務検討小委員会」、そして平成23年には「自己血輸血小委員会」を設置し、それぞれの委員会でアンケート調査等を実施して県内施設での輸血医療の実態を把握するよう努めて参りました。「自己血輸血小委員会」では組織されてからずっと個々の病院への訪問勉強会を企画し、毎年5〜7施設を訪問し、現場スタッフとの意見交換、技術交流、Q&Aを中心とした勉強会を展開しています。また平成27年度から「輸血業務検討小委員会」の中に新たに「看護師部会」を設置し「検査技師部会」と並列で安全な輸血体制を構築するための種々の提案を行って行く予定です。
その結果は、毎年、埼玉輸血フォーラムや事業報告書、あるいは埼玉県合同輸血療法委員会ニュースレターなど様々な形で報告させていただいております。
更に、このウェブサイトを通じて、より的確な情報をよりタイミングよく皆様にお届けできると思っております。
皆様と一緒にこのウェブサイトを育てていきたいと考えておりますので、忌憚のないご意見、ご要望のほどお願い申し上げます。

埼玉県合同輸血療法委員会
代表世話人 池淵研二

組織の概要・委員

ページの先頭に戻る